インフルエンザ予防知識

インフルエンザの症状

インフルエンザの基礎知識

インフルエンザの症状は、発熱、頭痛、のどの痛み、咳、全身の倦怠感など風邪に似た症状です。しかし、インフルエンザは伝染性が非常に強く、重症化すると最悪の場合死に至ることもあり、普通の風邪とは区別すべき病気です。高齢者と乳幼児は重症化しやすいので、特に注意が必要です。

インフルエンザウイルスに感染すると1日?3日ほどの潜伏期間の後、高熱が出て発病します。発熱と同時に悪寒、頭痛、全身倦怠感が現れ、さらに鼻水、のどの痛みなどの症状が3日?7日間くらい続きます。回復して熱が下がっても、インフルエンザウイルスは体内に残っており他人に感染する恐れがありますので、一週間くらいは安静にして外出は控えなければなりません。

インフルエンザにかかると、高齢者や、心臓または呼吸器系に持病がある人は、肺炎を併発する恐れがあります。また、乳幼児は脳炎や脳症を併発する場合もあります。これらの合併症はインフルエンザによる死亡の原因になっています。乳幼児の場合は、高熱が出た場合に自己判断で市販の解熱剤を与えずに、必ず医療機関で医師の診断を受けて、処方された薬を服用させるようにしましょう。

インフルエンザは空気感染します。冬場は寒くて空気が乾燥し、のどの粘膜の抵抗力が弱まっているため、インフルエンザウイルスにとっては感染しやすい条件が整った環境になっています。インフルエンザの予防には、流行の前に予防接種を受ける事ですが、予防接種を受けたからといって絶対にインフルエンザにかからないという保証はありません。しかし、発病する確率は小さくなり、万一発病しても症状が軽くてすみます。

インフルエンザ流行期間中は、毎日の生活の中で次のような習慣が予防になります。なるべく人ごみを避けるようにします。外出から帰ったら、うがい、手洗い、洗顔を励行します。部屋が乾燥しないよう加湿器などを使って湿度を保ちます。体力が低下しないようバランスの取れた食事を取り、睡眠を十分に取るようにします。

万一インフルエンザにかかってしまったら安静にして、脱水症状を防ぐため十分な水分を取り、体力を付けるための栄養を取り、睡眠を十分に取り、部屋の湿度を保ちます。早期に回復しても他人に移さないよう1週間は外出を控えます。

乳がん治療は放射線治療センター

インフルエンザの症状

インフルエンザウイルス

インフルエンザの予防

インフルエンザの治療

インフルエンザ対策

生活への影響

インフルエンザ予防の関係機関