インフルエンザ予防知識

インフルエンザ予防の関係機関

厚生労働省

厚生労働省が管轄する範囲は広く、健康・医療、福祉・介護、雇用・労働、年金などです。国民ひとりひとりが健康で衛生的な生活が出来る環境を整えます。感染症情報やインフルエンザ関連情報を公開しています。

一般市民への広報はもちろん、各自治体向け、医療従事者向けに必要な情報を公開しています。けがや病気になった時に安全で質の高い医療サービスを受けられる体制を確立し、全ての国民が健康で長生きできる社会を目指しています。

国民皆保険制度で誰もが安心して医療を受けられる制度を実現し、世界最高レベルの平均寿命と保健医療水準を達成しました。保険制度により、日本国民は誰でもすぐに医師の診断と治療を受ける事ができます。これは世界に誇れる国の制度です。

2009年インフルエンザが流行した時に日本が世界の中でタミフルの消費量が高いと言われました。それは言い換えれば、熱の症状が出るとすぐに医療機関で医師の診断を受けタミフルを処方されているからです。タミフルの消費量が外国より多いからと言って非難されるべきものではありません。むしろ、保険制度と医療技術を誇るべきです。

世界では年間1億人以上が病気やケガの適切な治療を受けられないでいます。貧困のため高額な治療費を支払えないからです。WHOのマーガレット・チャン事務局長は「全ての国が国民皆保険制度の導入を目指すべきです」と進言しました。

しかし、その制度がある日本では高齢化社会により医療費負担が急増し、保険制度の見直しを迫られています。

インフルエンザの症状

インフルエンザウイルス

インフルエンザの予防

インフルエンザの治療

インフルエンザ対策

生活への影響

インフルエンザ予防の関係機関