インフルエンザ予防知識

生活への影響

学級閉鎖

学校で伝染性の高い感染症により欠席する児童生徒が一定数を越えた場合に学級単位で休講とすることを学級閉鎖と言います。学級閉鎖の基準として法的な決まりはありません。各自治体により異なります。

基本的に学級の児童数の内2割以上の児童が欠席した時点で学校長が担当医師の判断を基に決定します。しかし、昔と異なり土日が休みになってからは授業日数が少なく学級閉鎖すると年間の授業時間数を確保するのが困難になりました。それで、学級閉鎖せず、短縮事業などで対応している学校もあるようです。

インフルエンザ対策としての学級閉鎖の基準は都道府県により異なります。他の感染症と違いインフルエンザと診断された児童生徒が同一学級に2名?3名以上の人数が出た場合に学級を閉鎖する自治体もあります。閉鎖期間は5日間(土日を含めると7日間)としています。

学級閉鎖の期間とは別に、インフルエンザにかかった児童生徒の出席停止期間は熱が下がってから二日目以降までとしています。これも自治体、学校により判断は異なりますが、熱が下がってもまだウイルスを体内に持っており、他人に感染させる可能性があるため、解熱後すぐに登校しないように言われます。

一部の父兄からは学級で2名のインフルエンザ児童がでただけで、学級閉鎖する事に批判もあります。しかし、インフルエンザの感染力を考えると必要な処置であると言えます。文部科学省は基準を設けておらず、最終的には学校長の判断により決定実施されています。

幼稚園や保育園の場合は自治体の教育委員会が決めた基準に従うようですが、自治体により基準がまちまちであることや、学級閉鎖した期間中に感染せず元気な子供を持つ親や閉鎖期間とずれてインフルエンザを発症した子供の親から苦情がでるケースがあります。

インフルエンザの症状

インフルエンザウイルス

インフルエンザの予防

インフルエンザの治療

インフルエンザ対策

生活への影響

インフルエンザ予防の関係機関