インフルエンザ予防知識

生活への影響

湿度

インフルエンザ予防には湿度が重要です。ウイルスは乾燥した環境で長く生き続けます。また乾燥しているとのどが機能低下しインフルエンザウイルスに感染しやすくなります。従って、乾燥する冬期にインフルエンザが流行しやすくなります。加湿器などを利用して部屋では湿度を適正に保つようにした方がよいです。インフルエンザの予防には湿度を40%以上に保つのがよいとされています。

空気は温度が上昇すると膨張するために高温になるほど水分を多く含むことができます。気温の低い冬には湿気が少なく、気温の高い夏には比較的湿気が多くなります。エアコンで室内を暖房すると空気中の水分が同じままに室温が上がり、湿度が下がります。

暖房による乾燥を防ぐように加湿しながら部屋の温度と湿度を適正に保つようにしなければなりません。昔はストーブの上にやかんを乗せ、常にお湯を沸騰させて蒸気をだしていた光景がありますが、暖房による乾燥を防ぐという効果がありました。

排気を屋内に出すファンヒーターや石油ストーブなどは燃焼により水蒸気が発生しますので、通常は加湿器が必要になるほどではありません。しかし、エアコンや電気ストーブの場合は全く蒸気を発生させませんので、加湿器による湿度の調整が必要になります。その一方で湿度が高くなり過ぎるとカビやダニが発生しやすくなり、さらに窓や壁や押し入れの中に結露が発生する場合があります。

加湿器そのものも維持管理をしっかりしないと、タンク内に細菌やカビが繁殖して室内に飛散させてしまう事になります。水の交換やタンクの清浄など清潔に保つようにしなければなりません。

デパートや映画館など、一定規模以上の建物には法律で湿度を40%以上70%以下にするよう基準が定められています。多くの人が集まる場所では温度管理するだけの空調ではなく、空気中の花粉やウイルスを除去する作用のある空気清浄機が使われているところもあります。

インフルエンザの症状

インフルエンザウイルス

インフルエンザの予防

インフルエンザの治療

インフルエンザ対策

生活への影響

インフルエンザ予防の関係機関