インフルエンザ予防知識

生活への影響

診断書

診断書とは、医師が診断結果を記載して作成する証明書です。生命保険加入時や就職時に企業に提出するのは健康診断書であり、健康であることを証明します。それに対して何らかの疾病の証明を必要とする場合もあります。その場合は病名や症状と学校への出席停止日数、または職場への出勤停止日数や安静にしなければならない日数などが記載されます。

学校を長期欠席する場合や職場を欠勤する場合は医師の診断書を求められる場合があります。学校や職場から診断書の提出を求められると、医師に診断書の発行を依頼して作成してもらいますが、費用は医療機関によりまちまちです。安いところでは2?3千円くらいであったり、高いところでは7?8千円くらいです。

複数の機関に診断書の提出が必要な場合は原本でなくコピーでよい場合もありますので、診断書の原本は1通でよいかもしれません。診断書は病院により即日で作成発行してもらえる所もありますが、即日発行してもらえず数日を要する所もあります。

感染症の場合は本人が仮に熱もなく一見健康そうに見えても学校や職場へ出て来る事を制限されます。従って、診断書に記載された安静を要する期間より前に熱が下がっても学校や職場へ行くべきではありません。同時に人ごみへの外出も絶対に控えるべきです。

逆に、学校や会社からは熱が下がり完治したにも関わらず出席や出勤を禁止する場合もあります。その場合はインフルエンザ完治診断書を発行してもらい提出しましょう。もうウイルスには感染しておらず、人に移す不安はありません。という事を証明する診断書になります。

インフルエンザの症状

インフルエンザウイルス

インフルエンザの予防

インフルエンザの治療

インフルエンザ対策

生活への影響

インフルエンザ予防の関係機関