インフルエンザ予防知識

インフルエンザ対策

季節性インフルエンザ

季節性インフルエンザは毎年12月?3月頃に流行します。流行し始めると広範囲な地域に一気に広がります。季節性インフルエンザウイルスはA型、B型、C型とあり、主に流行するのはA型とB型です。中でもA型インフルエンザウイルスは多様に変異するので爆発的に流行する場合があります。

季節性インフルエンザ対策として各自治体で毎年予防接種が実施されます。近くの医療機関で接種を受けられます。接種の料金は医療機関により異なりますが、高齢者には自治体より補助金が支給されます。

症状からは新型インフルエンザであるか季節性インフルエンザであるかは区別できません。どちらも突然発熱し38度以上の高熱になります。咳、くしゃみ、頭痛、関節痛、全身の倦怠感が症状として現れます。新型ウイルスか季節性のウイルスかはウイルスの遺伝子検査を行って確定します。

インフルエンザワクチンの製造には6ヶ月必要です。毎年流行するウイルスが変異しますので、来年の冬に流行するウイルスを予測するのは大変困難です。国立感染症研究所が来年の冬に流行しそうなウイルスを選定し科学的に判断します。もし流行するウイルスとワクチンの型が違ってしまうと、季節性インフルエンザ対策の予防ワクチンとして効果が発揮できません。

ワクチンを作って、売れなかった場合、製造会社の経済的負担が大きいです。売れないということはインフルエンザが流行しなかったということですから、喜ばしいことなのですが、ワクチン製造会社にとっては大きなリスクとなります。

逆に少量生産に留めると、流行した時にワクチンが不足するという事態を招きます。リスクと安定供給を実現するためには製造したワクチンを国家で買い上げて供給するなどの対策が必要です。

インフルエンザの症状

インフルエンザウイルス

インフルエンザの予防

インフルエンザの治療

インフルエンザ対策

生活への影響

インフルエンザ予防の関係機関