インフルエンザ予防知識

インフルエンザの予防

マスク

インフルエンザの予防に有効な手段の一つにマスクがあります。インフルエンザウイルスは接触感染のみでなく、空気感染しますから人ごみに外出する場合には必須と言えます。インフルエンザウイルスに感染しても潜伏期間中で発症していない場合は、健康に見える人でも感染している可能性がありますので、人ごみの中でそういう人に近寄って空気感染してしまう場合も考えられます。

公共の乗り物の中で咳き込んでいる人がいる場合、インフルエンザウイルスが空中に飛沫するのでないかと不安です。咳き込んでいる人が必ずしもインフルエンザウイルスに感染している訳ではありませんが、ただの風邪ウイルスであったとしても予防すべきである事に違いはありません。近くで咳き込んでいる人やくしゃみをしている人がいてもマスクをしていると安心できます。

インフルエンザウイルスを防ぐためには、普通のマスクではなく、インフルエンザ対策マスクでなければなりません。「N95」と書かれた製品がインフルエンザ対策マスクです。N95は極微粒のウイルス粒子を防ぐことができます。

インフルエンザに感染している人がこれを付けると咳やくしゃみをしてもウイルスを空気中に飛ばす事はありません。またこのマスクを付けていると空気中のインフルエンザウイルス粒子を体内に吸い込んでしまうのを防ぎます。

昔からあるガーゼのマスクでは、マスクの生地の目が荒いのでインフルエンザ粒子を通してしまい全く効果はありません。

インフルエンザが流行する時期になると、このN95マスクが不足する事から不当な価格で販売する業者がありますので注意しましょう。マスクをする時は顔にフィットしている事が重要で、肌との間に隙間があると効果はありません。

インフルエンザの症状

インフルエンザウイルス

インフルエンザの予防

インフルエンザの治療

インフルエンザ対策

生活への影響

インフルエンザ予防の関係機関