インフルエンザ予防知識

インフルエンザの予防

感染予防

感染を予防するためには石鹸でよく手を洗う、手で目や口を触らない、マスクを着用し、ウイルスへの接触や体内への侵入を防ぎます。体力免疫力が低下すると感染しやすいので栄養が偏らないようにバランスの取れた食事を心がけ、睡眠時間を十分取るようにします。これらはインフルエンザだけで無く風邪や他のウイルス感染を防ぐ効果もあります。

人ごみや感染者のいる場所を避けるようにしましょう。どうしても外出の必要がある場合は、マスクを着用することです。マスクの着用に関して、一般的な季節性インフルエンザには外科用マスクで十分とされていますが、新型インフルエンザには飛沫感染防止用として防塵性の高いマスクを利用するように医療機関から奨励されています。

どちらにしろ正しい方法で装着し顔にフィットさせなければ防塵性の効果を発揮できません。使用したマスクは長く使い続けず速やかに処分します。使い捨てマスクの利用を薦めます。

部屋は換気をよくします。空気清浄機などの設置も効果があります。部屋が乾燥しないよう一定の湿度を適正に保ち(50%?60%)ウイルスに飛沫感染するする確率を減らすようにします。

外出から帰宅したらうがいをすると予防に効果的です。ウイルスは口やのどの粘膜に付着してから体内に侵入するので、外出から帰ったらすぐにうがいすると予防に効果があります。水道水によるうがいで十分に感染を減少させる効果があります。

感染者が使用した鼻紙やマスクはフタ付きのゴミ箱に捨てます。できれば水を含ませてウイルスが空中に飛び散らないようにします。感染者と同じタオルを使わないようにします。感染者が使用したタオルや衣類はよく洗濯し、漂白剤などで消毒します。

インフルエンザの症状

インフルエンザウイルス

インフルエンザの予防

インフルエンザの治療

インフルエンザ対策

生活への影響

インフルエンザ予防の関係機関