インフルエンザ予防知識

インフルエンザの予防

予防接種

インフルエンザの予防接種は毎年実施されます。季節性インフルエンザ、新型インフルエンザなど流行の種類により予防接種の注意事項が異なります。新型インフルエンザのワクチン数が不足すると接種の優先順位が決められます。タミフル同様に乳幼児や子供へのインフルエンザ予防接種は副作用が心配されています。

インフルエンザ予防接種の注意事項として、当日お風呂に入ってはいけないと思われているようですが、接種後1時間以上経過すれば、お風呂に入っても大丈夫です。それより、接種当日は激しい運動を避ける事です。

卵アレルギーの人はインフルエンザ予防接種を受けるとじんましんが出たり、息苦しくなったりすることがたまにありますので、接種後30分くらいは医療機関内に留まって様子を見た方がよいです。

新型インフルエンザの流行に伴い、ワクチンの数が不足している場合、接種を受ける人に優先順位が決められます。まず、最優先されるのは、インフルエンザ患者の診療に従事する医療機関の従事者です。次に妊婦と基礎疾患を持っている人、それから1歳から就学前の乳幼児、続いて1歳未満の乳児とその両親です。ここまでが優先順位の高いグループで後に続いて小学生、中学生、高校生、高齢者となっています。

インフルエンザ予防接種には有効期間があります。有効期間は接種後だいた2?3ヶ月ですので、余り早い時期に接種すると効果が期待できない場合があります。熱がある人はその時点での接種は受けられません。

また、基礎疾患者や以前に予防接種を受けた時に発熱した人、卵アレルギーの人等は注意が必要あり接種を見合わせた方がよい場合もあります。インフルエンザワクチンの接種を受けるには費用がかかりますが、所得の低い人や高齢者には助成金制度があります。

インフルエンザの症状

インフルエンザウイルス

インフルエンザの予防

インフルエンザの治療

インフルエンザ対策

生活への影響

インフルエンザ予防の関係機関