インフルエンザ予防知識

インフルエンザウイルス

B型

B型インフルエンザウイルスは人に感染します。構造的に類似しているA型インフルエンザが世界的に大流行させるウイルスであるのに比べて、B型インフルエンザが猛威をふるわないのは宿主の種類が狭いためと変異が少ないためであると考えられています。宿主とは、この場合インフルエンザウイルスが感染する生物を指します。B型インフルエンザが人以外に感染したというケースは報告されていません。

B型インフルエンザウィルスのヘマグルチニン(HA)とノイラミニダーゼ(NA)には、A型のような多様性はありません。大きくはビクトリア/2/87と山形/16/88の2種類があるくらいです。このため変異も少なく大流行にはなりにくいという訳です。A型の流行は世界で同一種のウイルスが流行しますが、B型は2種類の異なるウィルスが世界中の点在した場所で発生する事が多いです。

B型インフルエンザウイルスに効果のあるワクチンは、2種類のどちらにも効果があります。また、B型インフルエンザウイルスは免疫が長く続きます。

逆に、A型インフルエンザウイルスの免疫期間は短いです。A型インフルエンザウイルスには亜流が多く、さらに新型インフルエンザウイルスとして変異したものがあるため、全てのA型に効果のあるワクチンの製造が困難です。

B型インフルエンザウイルスの変異は連続変異が中心であり、人以外に感染して不連続変異する事はないのでA型のように多様な種は見られません。しかし、人の間での不連続変異が発見されています。

B型インフルエンザウイルスは、特徴も症状もA型インフルエンザウイルスとよく似ているため感染して症状を診ただけではA型であるかB型であるかの区別は付きません。検査をしなければどちらの型か分からないので、必ず医療機関で受診して医者の診断を仰いでください。

インフルエンザの症状

インフルエンザウイルス

インフルエンザの予防

インフルエンザの治療

インフルエンザ対策

生活への影響

インフルエンザ予防の関係機関